昇進を望まない女性がいる現状

会社で指導的立場に就いてリーダーシップを発揮したいと願う女性にとって、国が率先して女性活躍を推進し、企業に対して女性管理職を増やすことなどを求めている動向は好機だと言えます。

しかし、すべての働く女性が指導的立場に就くことを望んでいるわけではありません。管理職に就く機会がありながら、自ら昇進を拒んでいるケースも少なくないのが実状です。
女性管理職比率の国際比較を見ても、日本は下位グループに位置しています。

この実状を打破するには、育児などで労働時間を減らさなければならない時期に、仕事の質を低下させることなくスキルを向上させ、いかにしてキャリアを形成していけるか、という点が重要なカギになります。
企業側はその課題をクリアせず、単に女性の管理職登用の数値目標を達成するためだけに女性活躍を推進している一面があります。そのため、結果的に女性が管理職から遠ざかる要因になっています。
当然ながら、これは企業側にとっても働く女性本人にとっても、決して望ましいあり方ではないでしょう。

女性にとって、昇進することだけが活躍の道ではありません。
真に女性が輝く企業を実現するためには、女性たちが望む働き方を尊重し、育児などと両立できる柔軟な雇用システムを整備していくことが、企業側に求められています。そしてそれを推進していくことが結果的に労働生産性を向上させ、経済成長や社会保障制度の安定にもつながるでしょう。

Comments are closed.