女性の社会進出の難しさと対策

女性の社会進出が叫ばれていますが、なかなかうまく進んでいないのが現状です。それは、まだまだ日本は男目線の社会でもあるということの証明でもあります。

女性は、結婚や出産などのライフステージの変化が、直接生活に影響を及ぼしやすいものです。
正社員で働いていたとしても、周囲の理解不足や自身の体調の変化などで、妊娠や出産を機に辞めざるをえなかったりすることもあります。そして一度正社員の座を失ってしまうと、まだまだ待機児童が解消されないため保育園が見つけられず、社会復帰が遠のいてしまいがちです。
産休や育休を取得して復帰したとしても、その後の家事育児と仕事を両立していく事はとても大変でしょう。

「育児のメインは女性」というイメージも強いため、家事育児の主力選手となっていることが多い女性にはたくさんのことがのしかかってきます。そのため、子供の急なお迎えや用事などに対して会社や同僚などからの理解が得られなかったり、パートナーからの協力が充分に得られなかったりするのが現状です。

それを改善するには、子育てをしながらでも働きやすい職場環境を作ったりするなど、会社自体の意識改革が必要です。また、女性側だけでなく、男性側も子育てや家事に参加しやすいような環境をつくることが大切です。
さらに、パートナー側の、「家事育児は女性のもの」という意識を変えることも必要です。
そして、社会進出イコール会社勤務ということだけではありません。インターネットの発達に伴い、在宅ワークなど、自宅にいながらできる仕事も増えてきています。
女性側も働きやすい仕事を探すなど、広い視野を持って見直してみることが大切です。

Comments are closed.